流星群の休職日記

21年2月休職→5月復職予定。冬季うつ/ASDグレーゾーン

日記:2月28日 生きたいような生きたくないような

2月が終わってしまった。

 

今日も今日とて午後に起床。寝起きのスッキリ感は嬉しいけれど、やっぱり1日がもう少し長くあってほしいと思う。
簿記2級の勉強が進んだ。もう理解できているだろうと判断し(というか若干面倒になり)、こまごました復習をすっ飛ばし決算に入った。決算整理前残高試算表と決算整理事項をもとに、損益計算書貸借対照表を作成する問題。休憩を挟みつつ、1時間半も掛かってしまった。これではまだまだ合格できそうもない。それでも計算は合っていたのでとても嬉しかった。小さな計算ミスで辻褄が合わなくなるとすごいムカつく。勘定式でなく、報告式の表を書くのも初めてだった。右に書いたり左に書いたり、区分に注意したり。
わたしは勉強だけは得意だ。というか、社会人としてのストレス耐性も運動もコミュニケーションも駄目で、「勉強ならできる」と思い込んで最後の砦にしたい感。今みたいに、自分のペースで自分の選んだ勉強をするのはとても楽しい。実際社会の中でわたしの頭脳がどれぐらいの価値を持つのか、測定できるならお願いしたいものだ。とはいえ頭脳はそれ単体で社会に関わっていくのではなく、一個の人間という器に入り、コミュニケーションを通して社会に貢献される。実際のスペックと出力される成果には差があるんじゃないだろうか。
なんか難しそうなことを書いてしまったが、別に社会に貢献したいわけでもない。とりあえずお金に困らず暮らしたい。そしてあわよくば働きたくない。

 

公演や大学の講義などで「難しく言って(書いて)しまいましたが〜」と説明されるのがとても嫌いだ。見下されている気分になる。難しくありませんけど?と思ってしまう。
というか、そもそも人の話を聞いたり動画を視聴したりするのが苦手だ。自分のペースを乱されるのが苦手だとも言える。集団生活を送る「ニンゲン」としてはあまり良くない特性で、このせいで会社でストレスを溜めたり、パートナーといるときにイライラしてしまったりするのだと思う。

 

オチが無くなってしまった。いやオチ無いんか〜い(オチた)。